Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信  4月24日

まるごとおいしい 幸福のつくりかた
            村中 李衣 著  クレヨンハウス
まるごとおいしい幸福のつくりかた

この本はクレヨンハウスが出している雑誌「クーヨン」に連載された原稿が本になったものです。
著者の村中さんは絵本や児童書も出していますが、私は何と言ってもエッセイがお勧めです。
物事の捉え方がやさしく、ユーモアにあふれています。
お漏らしをして困っている子どものお母さんに自分のパンツを脱いで
「これタイツの上にはいていたから汚くないし風邪引かせちゃうから使って」と渡します。
そして薬局に走って紙パンツを買って来ます。
やっと一安心した子どもに「ぷくちゃんのすてきなパンツ」の絵本を読んであげたりするのです。
その子のお母さんは笑顔が戻って、自分の靴下を子どもにはかせます。
子どもは「ママちゃんのおっきーおっきー」とうれしそう。
そして村中さんは「いくらまわりのひとに面倒を見てもらっても、
お母さんが緊張していては子どもはそこが気がかりでこころが解放されない。
パンツよりもズボンよりもお母さんが脱いではかせてくれたこの大きな靴下がいちばんあったかいんだな」と続けます。
村中さんの自分のパンツ(ガードル)を提供する大きな心とともに、母子を見て気持ちを感じ取る繊細な感性があってこそのエッセイです。
このパンツ事件はずっと私の記憶に残っていました。
2005年にお目にかかったときに「今日1番の良かったことは村中さんにお会いできたことです」と伝え本にサインしていただきました。
「風のように 心ゆるやかに」と書き添えられていました。

みんなのこもりうた
 トルード・アルベルチ 作  石井桃子 訳  中谷千代子 絵
みんなのこもりうた

クレヨンハウス主催の「夏の学校」に昔参加したことがあります。
2泊3日会場から1歩も出ることなく、分科会、講演会に参加するのです。
講師陣も主催者代表の落合恵子さん、絵本作家のあべ弘士さん、長谷川義史さん、さいとうしのぶさん等多数参加していました。
(今年も8月4日~6日まで行われます)
絵本好きの人であれば絶対お勧めです。
村中李衣さんの分科会に参加した時に出会ったのが「みんなのこもりうた」の本です。
参加者がお互いに本を読み合い大人でも「自分のために本を読んでくれる」ということがどんなに心地よいか感じてみようという講座の内容でした。
そして村中さんがまずお手本として読んでくれたのがこの本でした。
声の出し方、間の取り方、こんなに読む人で伝わるものが違うのだと驚きました。
今まで何百回と読み聞かせをしてきた人の実力を思い知らされました。
地味な本です。
1966年発行されたので50年以上たっています。
でもずっと手元におきたい1冊です。

ラッキーボーイ
     スーザン・ボウズ 作  柳田邦夫 訳  評論社
ラッキーボーイ

先日「チャッピィの家」であわせて少し紹介した本です。
この本はこげ茶色一色で描かれている一見地味な印象ですが、犬の絵がすばらしいのです。
ある家に飼われていた犬は名前も付けてもらえず、高い塀に囲まれた裏庭に置かれている。
食べ物だけは与えられるけれど、誰もかまってくれない。
外の様子は塀があるから見えないのだけれど、空は見える。
あるとき仰向けにねそべってひっくり返って見える景色を楽しむ。
鳥や猫が庭に入ってくると「仲のいい友達になろうか、追いかけてスリルを楽しもうか迷う」あと一つ郵便屋さんが来ると塀の内側を一緒に走る。
これしか犬の楽しみはないのだけれど、犬の絵は生き生きと表現されています。
けしてかわいらしい犬ではないし、ちょっと太り気味。でもいじけない姿勢に胸打たれます。
その後犬は塀の下を掘って隣の家に行って一人ぼっちのおじいさんの犬になってラッキー・ボーイと言う名前を付けてもらいます。話し相手がいるのはいいものだというおじいさん。
喜びを全身で表現する犬。
相手に「必要とされることの幸せ」をこの本は表現しています。
そして、この絵あっての絵本です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。