Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 3月26日

   さくら
さくら
長谷川摂子 文  矢間芳子 絵・構成  福音館

今年の春は早く今まさに桜が咲いています。
この本はソメイヨシノの1年を描いています。
1本のりっぱなソメイヨシノ。
満開の花にひよどりとすずめがやってきて花の蜜を吸っています。
さくらはあっというまに散ってしまうので蜜を吸う時期も短いことでしょう。
花が散ってしまうと桜は注目されなくなりますが、小さな実が生っています。
ソメイヨシノの実はにがくておいしくないそうです。
鳥も敬遠するのでしょうか?
雨が降って葉っぱはどんどん繫り、虫がやってきて夏。
木陰はうれしいけれど毛虫もいっぱいいるはず。
やがて秋が来て葉っぱは色づき散ります。
冬が来て桜は「かぜよ ふけ、さむさよ こい。わたしの めは さむさのなかで しずかに いきている」と言います。
実に凛としているではありませんか。
絵がとにかく美しいです。この時期お薦めの1冊です。


おべんともって おはなみに
おべんともっておはなみに
こいでやすこ 作    福音館

きつねのきっこさんが登場する絵本です。
きっこさんお弁当を作っています。
お稲荷さん、海苔巻、おむすびとたくさん作りました。
いたちの ちいと にいと一緒にふくろうのろくすけさんを迎えに行くと、
いのししのうりぼうを一緒に連れて行くことになります。
子どものうりぼうは5匹いて少しもじっとしていません。
きっこさんは「おんぶごっこ」「電車ごっこ」とやんちゃなうりぼうをうまく遊びにのせてしまうところが、子育てでお悩みのお母さんお父さんも参考になると思います。
きっこさんのためにおおばあちゃんが植えたさくらの下でお弁当です。
この本は「お花見に行く」という行為を通して、
お弁当を手作りするという事、
ひ孫のために桜の苗を植え、ひ孫のきっこさんがそれを見に行くという行為、
隣人の子の面倒を見るということ、
どれも手間のかかることですが、愛情がこもっています。
そしてこの本に丁寧に書かれた桜をはじめとするたくさんの自然が美しいです。
この本を読んだ子どもはきっこさんと一緒にお花見をしたいと思う事でしょう。

      ヘンたて
へんたて
青柳 碧人 作    はやかわ文庫

中学生になると文庫に来る子はいなくなります。
部活で忙しくなるからです。
あんなにたくさん読んでいたSさん。
中学校の図書館で借りているかなと考えてしまいます。
今は中学生向けの本も多様化してきました。
本屋に行くとYAと分類される本はどこからどこまでなのだろうとわからなくなります。
また中高生が読んでも面白いと思える本を作家が書き始めました。
三浦しをんさんの「神去 なあなあ 日常」は林業のお仕事小説と帯に書かれていますが、これが面白い。
ユーモアたっぷりで高校生が読んでも、大人が読んでも満足できます。
あさのあさこさんの「The mannzai」も同じく楽しいです。
また知人の子どもは大学生にして「鬼平犯科帳」にはまりました。
本はまったく出会いです。

最後にお届けするのはこの本です。
変な建物研究会「ヘンたて」に集う大学生が主人公。
4つの変な建物にかかわる謎を解き明かしていくという話で、その謎は奇想天外。
考えついたのはすごいと思います。そしてあの綾辻行人氏が推薦しているではありませんか。
新本格派でデビューした時からほとんど読んでいるファンの私。
これは続きも読まなくてはなりませんね。

本の紹介もちょうど1年となりました。ひとまずこれでおしまいです。
読んでいただいた方ありがとうございました。
あしたば文庫は誉田とおゆみ野2か所で続いております。是非いらしてください。
大人の方も大歓迎!
                                 選書 川本泉美
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。