Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 2月26日

ピートのスケートレース
ピートのスケートレース

ルイーズ・ボーデン 作 ニキ・ダリー 絵  福音館

お話の舞台は第二次世界大戦下のオランダです。
オランダの町は冬になると水路や運河が凍り人々はスケートを楽しみます。
主人公のビート・ヤンセンは10歳、家業はスケート作り。
戦争が始まってお父さんは兵隊にとられ、
町がドイツ軍に占領されてからはスケートを作る仕事もなくなります。
材料が入ってこないからです。
ビートはスケートが大好きな少年で、ビム・ムリエイルを尊敬しています。
ビルはフリースラント州の11の町の200キロにわたる運河や水路の上を12時間55分で滑った人です。
以来これは有名な「エルフステーデントホト」レースとしてフリースラント州で開かれるようになりました。
ビートは早くこのレースに出られるようにスケートに夢中になっていました。
友人のお父さんがドイツ軍に連行されます。
身に危険のせまる9歳のヨハンナと7歳のヨープをおばさんの所へ連れて行ってほしいと頼まれたビート。
ドイツ軍に見つからないようにスケートで運河を進みます。
戦争という状況の中、3人の子どもの冒険と簡単に言うことはできません。
「ビート、おまえは強くて立派なスケーターだ。
機転もきく。おまえにならこの重大な仕事をまかされる。
こんなこと、うまくいくと信じていなかったらたのむものか」と言うのはおじいさんです。
孫を信じて隣人の危機に手を貸すというところが素晴らしいと思います。


きょうはみんなでクマがりだ
きょうはみんなでクマがりだ

マイケル・ローゼン 再話   ヘレン・オクセンバリー 絵  評論社

赤ちゃんを肩車したおとうさんのまわりに子どもが3人、
散歩にでも行くような格好ですが実はクマ狩りに行くらしいのです。
みんなで草原を駆け下り、川を横切り、泥道を渡り、森の中に入ります。
いつまで行ってもテンションが下がることなく
「つかまえるのはでかいやつ。こわくなんかあるものか」と話は進みます。
そしてなんと吹雪にあいます。(女の子は半そでのワンピースを着ているのに!)
吹雪の中を進んで行くと洞窟が・・・そこには熊がいました。
連れてきたペットの犬と鉢合わせ。
熊狩りだ!と勇んで来たみんなはいちもくさんに逃げ帰ります。
さて追いかける熊との競走はどうなったでしょうか。
この本は立体絵本でも作られています。見比べるのもおもしろい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。