Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 2月19日

富士山うたごよみ
富士山うたごよみ

俵 万智 短歌・文   U・G・サトー 絵  福音館

絵本の絵の表現にはいろいろあります。
色鉛筆ですばらしい世界を見せてくれるどいかやさん、
力強い絵の具の表現から最近は植物の種を並べたりしてみせる田島征三さん、
双子の兄弟で版画「じごくのそうべい」を出した田島征彦さん、
そのほかにも写真や、コラージュの表現などあります。
絵本はやはり絵の部分が主役だと思います。

この「富士山うたごよみ」は圧倒的な存在感で富士山が登場するのですが、
俵万智さんの短歌に添った富士山の姿が、見る人の目をあっと言わせてしまいます。
驚くべしグラフィックデザイナーのU・G・サトー氏。
また色がとても美しく「日本写真印刷」の仕事が丁寧です。
俵万智さんの短歌は1987年「サラダ記念日」がベストセラーになり
『「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日』の短歌は有名になりました。
この歌のページの富士山はレースのテーブルクロスがかけられ頂上にサラダを含めた朝食がのせてあります。
それだけでは普通だとサトーさんは思ったはず。
赤い帽子とスプーン、フォークが描かれ富士山が女性に見えてきます。
短歌に添った富士山がユーモアとセンスで楽しませてくれます。
P34の富士山は夕焼けの表現にとうがらしが空を飛び、
そして富士山の色がグラディーションになっているのが本当に素晴らしいです。

じっくりお楽しみください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。