Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 1月29日

せかいいち おいしいスープ
sekaiitioisiisu-pu.jpg

マーシャ・ブラウン 文、絵   こみや ゆう 訳  岩波書店

マーシャ・ブラウンさんはあの有名な「3びきのやぎのがらがらどん」の作者ですので知っている方は多いと思います。1918年生まれです。
そしてこの本は2010年第1刷発行ですので、よくはわかりませんが版権が岩波書店に移ったのかもしれません。
この「せかいいち おいしいスープ」は語り聞かせもされて長い間大切にされたお話ですが、
最近はあまり読み聞かせされなくなったかもしれません。
戦争が終わり故郷に帰る途中の3人の兵隊。
村にたどり着き「やっと食べ物にありつける」と思いますが、
村人は兵隊に食べ物を分けたりはしません。
そこで兵隊は知恵を出します。
石のスープを作るというのです。
村人に薪と鍋を借り石を中に入れて煮ます。
そこで言います。
「どんなスープにも塩と胡椒はかかせませんな」
「これだけでもうまいスープになるが、人参が入るともっとおいしくなるんだが」
言われるまま村人は材料を持ってきます。
キャベツ、牛肉、ジャガイモも入って豪華なスープのできあがり。
村人みんなでごちそうを食べますが、こんなにおいしいスープを食べたことはありませんでした。
しかもそれが、ただの石からできているんですから、というお話。


雪の写真家 ベントレー
雪の写真家ベントレー

ジャクリーン・ブリッグス・マーティン 作  メアリー・アゼアリアン
千葉茂樹 訳    BL出版

ベントレーは1865年アメリカに生まれました。
バーモンド州のジェリコは豪雪地帯でベントレーには雪が身近でした。
顕微鏡を買ってもらって雪の形が全部違うこと、とても美しいことに感動します。
しかし雪の結晶はすぐに溶けてしまい残しておくことができません。
両親はその当時牛10頭分のお金と同じ価値がある顕微鏡付きカメラをベントレーに買います。
それからは試行錯誤を繰り返しながら写真を撮り続け、66歳の時雪の結晶の写真集を出しました。
小さな村で暮らす一人の農夫が世界的な「雪の専門家」となりました。
地味な本で文庫に置いても手に取られることは少ないです。
雪の結晶に魅せられ生涯研究を続ける情熱、
高価なカメラを買う親の愛情、
雪の結晶に美を見出した感性、
共感するところはいろいろだと思います。
現代はいろいろな品物があふれ、携帯やスマートフォンの機種も次々新しくなっていく使い捨ての文化です。
ベントレーの時代から150年過ぎ、1台のカメラを大切に使い1つのことにじっくり取り組んだこの生き方を
しみじみ味わいたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。