Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 12月17日

マドレーヌのクリスマス
ルドウィッヒ・ベーメルマンス 作   江国香織 訳   BL出版
madore-nunokurisumasu.jpg

マドレーヌの本はたくさん出ていてそれなりに評価されているので手にとってご覧になった方もいると思います。
訳は江国香織さんです。
「おりあしく、やしきじゅうがかぜでねこんでいました」と訳しているところがあり、
「おりあしく」など掘辰雄か島崎藤村が使っていた言葉ではないかと考えてしまった次第です。
屋敷に住む12人の子どもの中でマドレーヌを除いたすべての人が風邪を引いてしまい、
マドレーヌはせっせと働きます。
そこへじゅうたんを売りに来たじゅうたん商人、
実は魔法使いなのです。
魔法使いも風邪を引くとは面白い。
マドレーヌはかわいらしく描かれてはいませんが、
自分をしっかり持った勇気ある賢い女の子のようです。

もちづきくん
中川ひろたか 作   長野ヒデ子 絵    ひさかたチャイルド
motidukikun.jpg

あっ長野さんの絵だ!と表紙で買った本です。
お餅つきが仕事の「もちづきくん」相棒の猫の手を借りてあちこち餅つきの出前をします。
「一年ぶりね、待ってたわ~」と町の人が出てきて注文。
もちづきくんは鉢巻に地下足袋、
独特のよそおいでお餅をつきます。
途中に仕掛けがあって、お餅がびゅーんとながくのびてさあできあがり。
丸めるのはみんなで行ないますが、どの人も笑顔で楽しそう。
鏡餅もたくさん作りました。
餅つきはたくさんの道具を使います。
臼や杵、せいろ、かまどなどを持って移動するだけでも一仕事。
でももちづきくんは元気です。
だってお餅つきは年に1度の大行事でしたから。
今は一年中パックのお餅が食べられて、何かを待つ楽しみが減りましたよね。
今の時期しか読めない季節限定の本です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。