Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 11月27日

いつもちこくのおとこのこ
ージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー


ジョン・バーミンガム 作   たにかわしゅんたろう 訳   あかね書房
いつもちこくのおとこのこ


バーミンガムの本はたくさん出ているので目にする機会も多いかと思います。
でも絵はかわいいとはいえません。
特にこの本の表紙、主人公の男の子は冴えない会社員のように見えますし、
先生は口が大きく、目はとび出し、鼻は長く、
もしかしたら妖怪が変身した姿か・・・と疑ってしまいます。
男の子の名前はジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー。
学校に行く途中でわに、ライオン、高潮というアクシデントに遭い遅刻します。
先生は「そんなことがおこるはずがない」と信じてくれません。
4日目何事も起こらず遅刻しないで学校に行くと今度は先生が・・・。

1冊読み終える頃にはジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーの名前は覚えているし。
最後は痛快!で子どもはニヤリ
子どもに支持される本です。


いじわるブッチー

バーバラ・ボットナー 文  ペギー・ラスマン 絵  徳間書店
いじわるぶっちー


表紙にはひとくせもふたくせもありそうな女の子が描かれています。
にゃっと笑いこちらを見ています。
手足が棒のように細いところが実在感を薄くしていますが、いやいや圧倒的な存在感。
親同士が仲良しでも子ども同士が気が合うとは限りません。
ブッチーに意地悪されているとは露知らず親たちは言います。
「あなたたちってほーんとになかよしねぇ」いやちがうからー。
夜私はブッチーが地球のはしっこから落ちる夢をみる。
引っ越しした夢も見た。
ところがブッチーを家で何日か預かるって聞かされた。
もう黙ってはいられない。
ブッチーに較べて身体も小さくおとなしい女の子はどういう作戦を考えたのでしょうか。
作戦は成功します。

でもきっとブッチーと遊んでくれる子どもは多くないと思う。
もしかするとこの子だけかもしれない。
意地悪をするという方法でしか遊び方をしらないのかも・・などと深読みをする必要は全然ありません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。