Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信 7月31日

みっぷ ちゃっぷ やっぷ うみにいく    
筒井頼子 文  はたこうしろう 絵 童心社

みっぷ ちゃっぷ やっぷ うみにいく

みっぷ ちゃっぷ やっぷは子豚です。
個性豊かな子どもとおっとりしたお母さん、
しっかり者のお父さんと山の向こうの海に行くお話です。
まずは山の中の学校に到着。
昔お父さんが通っていた学校が廃校になっていてそこに1泊。
次の日はまた山道を登ったり下ったり、へとへとになった先に見えたのが海!
この辺の描き方ははたこうしろうさんの画力が見事だと思います。
「こぶたのみっぷ ちゃっぷ やっぷ」もあわせてご覧下さい。


まぼろしの町 (ニルスが出会った物語1)   福音館
セルマ・ラーゲルレーヴ 原作  菱木晃子 訳/構成  平澤朋子 画

まぼろしの町
 
「ニルスのふしぎな旅」がテレビのアニメ番組で放送されていました。
毎回毎回なんて良いお話なんだろうと感心して見ていた記憶があります。
しかし昔の名作が今の子どもに通用するかというと、
言い回しや話のテンポなどで受け入れられないことも多いです。
そこでこの本が出たのでしょうか?
絵が多く美しくふしぎな世界観を出しています。
全部で6冊発行されるとの事。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。