Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

あしたば通信5月22日

ゲド戦記
    ル=グウィン 作  清水真砂子 訳
ゲド戦記

最初3巻出てしばらくしてから4巻5巻と別巻が出ました。
1度1巻目の3分の1まで読んで断念しましたが、今年になって再挑戦。
5巻まで一気に読みました。
1巻から3巻はゲドが魔法の勉強をしながら成長し、失敗し、大変な使命を果たし最後は魔法の力を失うところまでが書かれています。
3巻で作者は「わしにはわかるのだ。本当に力といえるもので、持つに値するものは、たったひとつしかないことが。それは、何かを獲得する力ではなくて、受け容れる力だ」とゲドに言わせています。
彼は強い魔法の力を持つ人ですが、かっこよいヒーローではなく、悪をあっさりやつけることもできません。
傷つき、弱さをみせながらもやるべきことをやり遂げます。
4,5巻では初老と晩年のゲドが出てきますが、主人公にしては登場場面が少なく、むしろテナー、テルー、アレンを中心に物語が進みます。
しかし、年老い魔法の力はなくなってもゲドの存在は確かなものとしてそこにあり続けるのです。
離れていても「彼ならどう考えるだろう」「そばにいて欲しい」と思われる存在。
老いること、弱さを受け入れることなど考えさせられました。
一読でそう感じましたが二読目は又違った感想を持つだろうと思わせる深い本です。


幸福に驚く力
          清水 眞砂子 著  かもがわ出版
kouhuku.png

ゲド戦記を訳した清水さんの講演録を本にしたものです。
題名が気に入って読みました。
著者は高校の先生をしているときに「ゲド戦記」に出会い訳者を専業にすることにしたと書いてあります。
「この作品を手放したら一生後悔すると思いました。納得のいくように訳せたら、あとはもう何もいらない。」しかし「ゲド戦記の作品世界は豊かで、広く、大きくて、簡単に翻訳の作業に入れる作品ではありませんでした」と言っています。
そして、魔法使いと言う言葉を使うべきか悩みます。
そこには一字一句もおろそかにせず訳そうとする姿が見えます。
また講演会の中での質問に応えて、「児童文学はハッピーエンドでおめでたいと言う人がいるが大事なことだ」と作者は答えます。
人は希望を持ち続けることよりも、絶望することのほうがずっと楽。「人間って案外おもしろいぞ」と思うほうがエネルギーがいると語り、児童文学にも言及します。
ハリーポッターについても触れています。
超人気のハリーポッターについて、児童文学に携わる人で発言している人は少ないように私は感じています。貴重な文章です。
ゲドを読んだらこの本も読んでください。
ちなみに河合隼雄さんの著書「ファンタジーを読む」もゲド戦記について書いています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。