Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたば通信 11月27日

いつもちこくのおとこのこ
ージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー


ジョン・バーミンガム 作   たにかわしゅんたろう 訳   あかね書房
いつもちこくのおとこのこ


バーミンガムの本はたくさん出ているので目にする機会も多いかと思います。
でも絵はかわいいとはいえません。
特にこの本の表紙、主人公の男の子は冴えない会社員のように見えますし、
先生は口が大きく、目はとび出し、鼻は長く、
もしかしたら妖怪が変身した姿か・・・と疑ってしまいます。
男の子の名前はジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー。
学校に行く途中でわに、ライオン、高潮というアクシデントに遭い遅刻します。
先生は「そんなことがおこるはずがない」と信じてくれません。
4日目何事も起こらず遅刻しないで学校に行くと今度は先生が・・・。

1冊読み終える頃にはジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーの名前は覚えているし。
最後は痛快!で子どもはニヤリ
子どもに支持される本です。


いじわるブッチー

バーバラ・ボットナー 文  ペギー・ラスマン 絵  徳間書店
いじわるぶっちー


表紙にはひとくせもふたくせもありそうな女の子が描かれています。
にゃっと笑いこちらを見ています。
手足が棒のように細いところが実在感を薄くしていますが、いやいや圧倒的な存在感。
親同士が仲良しでも子ども同士が気が合うとは限りません。
ブッチーに意地悪されているとは露知らず親たちは言います。
「あなたたちってほーんとになかよしねぇ」いやちがうからー。
夜私はブッチーが地球のはしっこから落ちる夢をみる。
引っ越しした夢も見た。
ところがブッチーを家で何日か預かるって聞かされた。
もう黙ってはいられない。
ブッチーに較べて身体も小さくおとなしい女の子はどういう作戦を考えたのでしょうか。
作戦は成功します。

でもきっとブッチーと遊んでくれる子どもは多くないと思う。
もしかするとこの子だけかもしれない。
意地悪をするという方法でしか遊び方をしらないのかも・・などと深読みをする必要は全然ありません。
スポンサーサイト

あしたば通信 11月20日


えんにち奇想天外
つちだのぶこ 絵   斉藤孝 文   ほるぷ出版
ennichi

「音読がいい」と言われてそれに関係した本がいろいろ出ました。
これは斉藤孝さんが考えた「声にだすことばえほん」のうちの1冊です。
いろいろな画家が絵を描いていますが、私はつちださんの絵がいいと思います。
この本の前にも「おっと合点承知之助」を描いています。

登場人物はおにいちゃんと妹、おじいちゃんと猫4人?で縁日へ出かけます。
妹が「おめんがほしい」と言ってどれにしようか悩みます。
そこでおじいちゃんが「取捨選択じゃぞ」と言い、
お兄ちゃんも「優柔不断だなー」とつぶやきます。
そう、この本は四文字熟語の本なのです。

「おっと合点承知之助」に登場したあやしい忍者も「神出鬼没」にあらわれます。
忍者、おすもうさん、天狗が普通に出てくるのも愉快です。
つちださんが他の絵本で描いている登場人物がさりげなく描かれているのが、
宝探しをするようで楽しいです。


ねこのことわざえほん
高橋和枝 作   ハッピーオウル社
nekonokotowaza

おとうさん、おかあさん、ももこが住む家に暮らす猫のタマ。
人間社会のことわざが猫の世界になるとどうなるか、が面白おかしく書かれています。
猫の好きな人は「そうそうわかる」と頷き、
猫を飼った事のない人は「へーぇそうなんだ」と思うでしょう。

例えば
「犬も歩けば棒に当たる」
 何か行動すると思わぬ災難にあうということ、
 また動き回れば、その分幸運にめぐり合うかくりつが高くなるということでもある。
猫は
「猫は歩けど猫に当たらず」
 ねこはねこに会わないように気をつけてくらしている、となります。
 下により詳しいことわざの由来と猫の習性が書かれていますので大人もきっと楽しいはず。

「朱に交われば赤くなる 猫に交われば毛だらけになる」
「目は口ほどに物をいう 尾は口ほどに物をいう」「
憎まれっ子世にはばかる 憎まれ猫家にはばかる」

文も面白いですが絵もまた素敵。

あしたば通信 11月13日


忍者図鑑
黒井宏光 著   長谷川義史 絵       ブロンズ新社
ninjyazukan


今や有名になってたくさんの絵本を出している長谷川義史さんが絵を描いています。
とにかく絵が楽しい。
忍者の本は他にも出ていますが、この著者はなんと「伊賀流忍術復興保存会」会長をやっておられます。
伊賀流忍者集団「黒党」頭領でもあられます。
つい尊敬してしまいます。

緑区子どもサポートセンターでは「土曜あそび塾」という事業をやっていますが、
2年前に「忍者修行」を行ないました。
劇団「アフタフバーバン」に来てもらって遊んだのですが、
最後は新聞紙で作った刀を振り回しての大人対子どもの戦いでした。

あれはいい年をした大人でも燃えるものです。

黒井さんはあの楽しい事を続けて忍者ショーまでなさっています。
毎日わくわく、どきどきでしょう。(うらやましい)

プロが書いた本なので内容は緻密ですが、子ども向けに読んでためになる楽しい本です。 

あしたば通信 11月6日


ドングリ山のやまんばあさん
富安陽子 作   大島妙子 絵   理論社
ドングリ山のやまんばあさん

元気いっぱいのやまんばあさんの活躍?が書かれた本です。
大島妙子さんの絵でより一層親しみを感じさせます。
何しろこのやまんばあさん、年は296歳、オリンピック選手よりも元気で、プロレスラーよりも力持ち。
でも白髪で歯は抜けているのでばあさんには変わりありません。
「年を取っても元気でいる」ことがいかにすばらしいか、私の年になるとしみじみ実感します。
そしてこのばあさん、
「お行儀よくするのよ」
「危ないことしちゃあいけないよ」など
世の中のおばあさんが言いそうなことは絶対言いません。
へびのしっぽを木に結んだり、いのししを捕まえて頭の上まで持ち上げたり、
時計台の屋根の上で歌を歌ったり、ハラハラすることばかりします。
この本は続きが何冊か出ていますが、あしたば文庫に来る子どもは読もうとしません。
勧めないと手に取りません。
字が大きくてすぐ読めそうで、絵が可愛いといった本が読まれます。
でも自分ではできないことをやまんばあさんが代わりにやってくれるのです。
わくわくしませんか???

キャベツくん
長 新太 文・絵    文研出版
キャベツくん

今では有名になったキャベツくんとブタヤマさんですが、
この本が出た時はなんなんだこの主人公は、と思った人もいると思います。
お腹の減ったブタヤマさんがキャベツくんを食べようとすると
「ぼくをたべたらこうなる」とキャベツくんは言います。
そうすると空に鼻がキャベツになったブタヤマさんが浮かんでいるのです。
じゃあへびがたべたら?たぬきがたべたら?ゴリラがたべたら?と次々空に表れます。
のみがたべたら?というところでは何にも見えません。
のみは小さいので見えないのです。
最後はくじら。空いっぱいにキャベツのくじらが浮かびます。
「こんなおおきなキャベツをたべたら、おなかがいっぱいになっていいだろうなあ」
とブタヤマさんが考えるとキャベツくんはちょっとかわいそうになりました。
キャベツくんのにちようび、キャベツくんとブタヤマさんなども出版されました。
子どもに人気のこの本、大人の皆さんは面白いと感じられますか?

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。