Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたば通信  8月21日

いやだいやだのスピンキー
ウィリアム・スタイグ 作  おがわえつこ 訳  セーラー出版
いやだいやだのスピンキー

23年前の本ですが支持を得ている本です。3ページまではスピンキーとお姉ちゃん、お兄ちゃん、お父さんと何やらけんかをしている絵。そしてスピンキーはとうとううちを飛び出して庭に出ます。日本の庭は狭いですがスピンキーの家の庭は広いし、木と木の間にハンモックまで張れるのです。家族は機嫌をとり始めますがスピンキーの機嫌は直りません。とうとうハンモックに寝る始末。家族は大弱り。スピンキーの曲がったおへそはどうなるのでしょうか。仲直りするにはどうしたでしょうか。子どもの気持ちが表現されているので読みきかせにぴったりです。ちょっと長いですが・・・

さがしています
アーサー・ビナード 作  岡倉禎志 写真  童心社
さがしています

アーサー・ビナードさんは広島の平和記念資料館で、被爆者の方が語った「ピカドン」という言葉を知ることになります。英語では表現できない言葉。それから何度も足を運び、展示物に対面して、出会った人と話をして出来たのがこの本です。8月は原爆が落とされた月ということで新聞、テレビでいろいろ報道されますが、いい本が絵本という形で出たなと思いました。写真だけなら目にする機会があるかもしれません。ビナードさんのこの文が付くことで、古ぼけた帽子が「中学校の校庭で被爆したタツヤくんのかぶっていた帽子」と変化し、そこに生身の人間の苦しみを感じることが出来るようになりました。後書きも是非お読み下さい。
スポンサーサイト

あしたば通信 7月31日

みっぷ ちゃっぷ やっぷ うみにいく    
筒井頼子 文  はたこうしろう 絵 童心社

みっぷ ちゃっぷ やっぷ うみにいく

みっぷ ちゃっぷ やっぷは子豚です。
個性豊かな子どもとおっとりしたお母さん、
しっかり者のお父さんと山の向こうの海に行くお話です。
まずは山の中の学校に到着。
昔お父さんが通っていた学校が廃校になっていてそこに1泊。
次の日はまた山道を登ったり下ったり、へとへとになった先に見えたのが海!
この辺の描き方ははたこうしろうさんの画力が見事だと思います。
「こぶたのみっぷ ちゃっぷ やっぷ」もあわせてご覧下さい。


まぼろしの町 (ニルスが出会った物語1)   福音館
セルマ・ラーゲルレーヴ 原作  菱木晃子 訳/構成  平澤朋子 画

まぼろしの町
 
「ニルスのふしぎな旅」がテレビのアニメ番組で放送されていました。
毎回毎回なんて良いお話なんだろうと感心して見ていた記憶があります。
しかし昔の名作が今の子どもに通用するかというと、
言い回しや話のテンポなどで受け入れられないことも多いです。
そこでこの本が出たのでしょうか?
絵が多く美しくふしぎな世界観を出しています。
全部で6冊発行されるとの事。

Appendix

プロフィール

緑区子どもサポートセンター

Author:緑区子どもサポートセンター
あしたば文庫は千葉市緑区で開いている文庫です。
このブログでは絵本の紹介を毎週していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。